鍵の紛失は扉破壊の前に業者相談が無難です

証拠集めはおまかせ

困る

監視カメラは、情況証拠などを集める時に利用することができます。防犯カメラと違い隠密での任務が多いので、バッテリー持ちが良いものが多いです。またサイズもかなり小さいものがあります。

もっと知ろう

あるだけで犯罪抑止

作業担当者

門番としての仕事の多い防犯カメラ。仰々しい見た目には、その名の通り、未然に犯罪を防ぐ効果があるのです。空き巣対策や、万引き対策、ピンポンダッシュ対策にも利用できるでしょう。

もっと知ろう

防犯意識は最初が肝心

鍵を持つ女性

鍵交換は防犯において、もっとも初期に確認する重要なポイントです。賃貸や修子物件だと、その鍵を持っているのはあなただけではないかもしれません。空き巣や強盗などの被害似合わないためにも確認しましょう。

もっと知ろう

相談が一番楽

本と住宅模型

家や車の前で、「あ!鍵がない!」と焦ったことがある人は多くいるはず。ポケットや鞄、座っていたところにあれば良いのですが、中にはどこに落としたか覚えていない場合もあります。鍵の紛失で困ったら、すぐに業者に相談しましょう。鍵を紛失して、無理にこじ開けようとするとドアなどが壊れてしまう恐れがあります。そうなると、ドアの修理費用が発生するなど、紛失より状況が悪くなる一方です。先に、紛失したことがわかったら、まず最初に失くした可能性のある場所に連絡します。見つからなければ、ロックを解除してもらう必要があるので、業者に相談しましょう。24時間営業している業者も多いので、深夜でも安心して相談ができます。到着までも、各地に拠点がある大手なら15分程度ですぐ到着してくれます。到着後、もし財布や自己証明書を車や家に閉じ込めてしまい、手元にない場合も、事情によってはドアを開けてくれます。しかしその後証明することが必要なので、証明できるすべは考えておきましょう。業者に依頼するメリットとしては、まず、ドアや車などに傷をつけずに開けることができるのです。自力で無理に行なうと、針金での傷や、最悪鍵を壊す恐れがあります。その点から考えても、業者に依頼をする方がずっと安心で安価なのです。しかし、すでにドアを壊して外した、鍵を壊したなどの場合にもまず相談しましょう。破損したドアなどの交換修理を行なうことができる業者もあります。