鍵の紛失は扉破壊の前に業者相談が無難です

あるだけで犯罪抑止

作業担当者

玄関先に防犯カメラをつけている家庭も多くなりました。防犯カメラには、名前の通り、犯罪を防止する役目があります。そのため、監視カメラと違い、防犯カメラには隠蔽性がないものが多いです。明らかにカメラとわかる見た目になっています。時には、カメラは名前ばかりで、映す機能がないダミーカメラも多くあります。さて「映す機能がないのに、防犯カメラとはこれいかに?」と考える人も多くいることでしょう。先にも述べた通り、防犯カメラは犯罪を「見ているぞ」という警告で抑止するためのアイテムなのです。そのため実際には映らなくても、効果があるのです。玄関先などに置いておくことにより、ピッキングやドアから入る空き巣をUターンさせることもあります。また、窓などの侵入経路や死角に置いておくことで犯罪を抑止することもできるのです。そのため、防犯カメラは、大きくていかにもカメラですと言いたげな商品が多いのです。映す機能がほんとにないのかはカメラによっても違います。きちんとカメラとして映し、録画する機能がついている機種も多くあります。スーパーやカラオケなどの施設にもついていますが、防犯と情況証拠のためにもデータはしっかり保管されていることがほとんどです。防犯カメラの用い方としては、悪意のあるものに対する警告が主な役目で、証拠集めなどはサブの機能になっていることが多いようです。実際に証拠を集めるなどであれば、監視カメラを利用する場合がほとんどです。